スポハピ.com

スポーツでココロとカラダをもっと楽しくハッピーに!

サイト内検索はこちらから!

ボルダリング足の置き方&使い方のコツ!初心者必見テクニック7選!

ボルダリング足の置き方&使い方のコツ!初心者必見テクニック7選!

ボルダリングは足の使い方をすこし工夫するだけで飛躍的に上達します!上手く登れないなーと思っている人や、初心者は必!足の力を利用してもっとシンプルに登るテクニック7選をご紹介!




Sponsored link
アイキャッチ画像出典:https://chouseisan.com/l/post-95883/

初めに押さえるべき足の置き方のコツ!

ボルダリングで腕をパンプさせないで登るには足の使い方がとても大事になってきます。足の置き方ひとつで体の重心が安定し、腕への負担を減らすことができるんです。

ボルダリングを始めたけど、なかなか上手く登れなかったり、すぐに疲れてしまう人はだいたい足への意識が疎かになりがちです。ボルダリングは足で登るといってもおおげさではない ですよ。

腕と手で体のバランスをとって足の力で体全体を持ち上げることができるようになると、ボルダリングは一気に上達します。では初めに押さえておきたい足のテクニックを見ていきましょう。

フロントエッジング

フロントエッジング
出典:https://www.climbing-net.com/general/how-to-hold2/
壁にたいしてつま先が直角になるようにフットホールドに足先を前向きに置きます。この足の置き方はポケットのような形で、つま先だけが差し込めるホールドなどで使えますよ。コツは足の先端をしっかりホールドのエッジに食い込ませること です。

インサイドエッジング

インサイドエッジング
出典:http://envie02.exblog.jp/m2014-11-01/
基本的なフットテクニックのひとつで、壁にたいして足の親指から内側にかけてエッジをたてるようにフットホールドにのせます。足の内側は壁に当てて、親指の付け根を軸に体重をのせるとバランスがよくなりますよ。親指の先端ではなく、付け根を意識するのがコツ です。




Sponsored link

アウトサイドエッジング

アウトサイドエッジング
出典:https://www.climbing-net.com/general/how-to-hold2/
インサイドエッジングの要領で足の外側部分を使用した方法です。足の小指側のエッジを意識してフットホールドにのせます。親指と違い小指は小さく大きな負荷に強くないので、アウトサイドエッジングをつかうときは、小指だけでなく薬指も一緒に合わせて使うのがコツ ですよ。

スメアリング

スメアリング
出典:https://www.climbing-net.com/general/how-to-hold2/
聞きなれない言葉ですよね。英語のSmear:こするから由来しています。その言葉のとおり、大きめのホールドにたいして押し付けるようにして足をのせます。こすることによって生じる摩擦力で体を支えるので、足のかかとからしっかりと下ろし体重をかけて足裏全体を接着させることがコツ になります。

ヒールフック

ヒールフック
出典:http://bouldering-style.com/2014/0804/204450/
すこし高い位置にあるフットホールドにかかと(ヒール)を引っ掛け、足の力を加えて、体を引き寄せます。高い位置のホールドにヒールフックをして無理に体を持ち上げようとすると、ふくらはぎや腿裏の筋肉を傷めやすいので、腰くらいの位置にあるホールドから試すのがおすすめ です。足をひっかけたら腰の重心移動を意識して引き寄せるのがコツ です。

トゥフック

トゥフック
出典:http://main.river-m.net/?month=201302
足のつま先をホールドに引っ掛けます。これはたとえば傾斜のきつい壁などで体を固定するためのテクニックです。トゥフックを使うことで体が振られなくなるので、次のムーブへと繋げやすくします。コツは、足先をただたんにひっかけるのではなく、指先から甲にかけてしっかりとホールドにひっかけ、膝から体を引くように力をこめること ですよ。

ニーバー

バーニー
出典:http://ameblo.jp/free-climbing-style/entry-11010889288.html
足をホールドに置いて、膝をその上にある大きなホールド下に差し込んで、ホールドとホールドの間に突っ張り棒のように固定させるテクニックです。体がとても安定するので、腕を休めたり、その後のムーブを考えたりできるのでニーバーはおすすめのフットテクニックのひとつです。コツは膝をしっかりとホールド下に入れること です。

最後に

腕と足の基礎体力を比較するともちろん足のほうがあります。ボルダリングは確かに腕の力も必要になってきます。でも腕の力だけで登り続けることはできません。足の使い方をすこし意識するだけで、今まで苦労していたルートもひょいっと登れるようになります。上達のため筋力トレーニングをするときは腕や指だけでなく、足の筋トレもするのがオススメですよ。




Sponsored link

コメント0件5606

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top