スポハピ.com

スポーツでココロとカラダをもっと楽しくハッピーに!

サイト内検索はこちらから!

柳田将洋のサーブスパイクや腹筋が凄い?中学高校時代や前髪の噂も気になる!

今大注目の全日本男子バレーボール界のプリンス柳田将洋 選手。美しく、華麗なフォームから繰り出されるサーブで世界を圧倒しています。

今回はこの大人気のニューヒーロー、柳田将洋選手の見どころや中学高校時代、ちょっと気になる噂についてご紹介いたします。




Sponsored link

柳田将洋のプロフィール

柳田将洋
出典:https://twitter.com/hashtag/

名前  :柳田 将洋(やなぎだ まさひろ)
愛称  :マサ
生年月日:1992年7月6日
出身地 :東京都江戸川区
血液型 :A型
身長  :186cm
体重  :78kg
所属チーム:サントリーサンバーズ
ポジション:ウイングスパイカー
最高到達点:335cm

柳田将洋がバレーを始めたきっかけや経歴

柳田選手は東京都江戸川区出身で、小学生のときにバレーボール経験者である両親に連れられ、クラブチームを見学したことがきっかけでバレーボールを始めたようです。

小学生のときからすでにその才能が発揮され、小学5年生の時にはエースとして全国制覇 を果たしています。

東洋高等学校2年のときには、全国高等学校バレーボール選抜優勝大会で主将としてチームを優勝 に導き、2011年に慶應義塾大学 へ進学。

2013年に全日本選抜メンバーに登録され、2014年に東京オリンピックの強化指定選手に選出。

同年10月、大阪を拠点とするサントリーサンバーズに入団し、2015/16 V・プレミアリーグ男子では最優秀新人賞を受賞 しました!

イケメンで慶応ボーイ!まさにバレーボールエリートですね!




Sponsored link

柳田将洋のここが魅力!

柳田将洋
出典:http://spnavi.c.yimg.jp/spnavi/photo/volley/live_m_italy_15091343.jpg

美しいフォームから放たれる強烈なスパイク

柳田選手の身長は、男子バレーのウイングスパイカーとしては低めで、最高到達点も335cmと世界の選手と比べ決して高くはないのですが、流れるような助走から一気に飛び上がり、弓なりの美しいフォームから放たれる強烈なスパイクやバックアタックは魅力的です。

安定感があり、ここ一番の勝負強さを持っています!

相手を崩す強烈なジャンプサーブ


柳田選手の一番の持ち味は強烈なジャンプサーブと言っても良いでしょう!サーブスピードは117kmもあるんだとか。

男子バレーではいかにサーブで相手を崩すことができるかが勝負のポイントとなるので、柳田選手のサーブは全日本チームにとって世界で闘うために欠かせない武器ですよね。

今はスタメンとして出場していますが、過去にはサーブのときだけ起用されるピンチーサーバーとして出場していたこともあるくらいサーブには強い選手です。

ルックスだけじゃなくて腹筋も美しい?

若手ホープ4人組の「NEXT4」の中でもルックスの良さが話題となり、イケメン選手として人気のある柳田選手ですが、実は鍛え抜かれた腹筋も美しいだとう。と思いさがしてみましたが…。
同じイケメンで話題の石川祐希選手の腹筋写真はあるのですが、柳田将洋選手の腹筋画像はないんです。上半身だけものはあるんですが…。

腹筋は見せられない状態なんでしょうかね~。
ただ腹筋・背筋があるからこそ、上半身を反らした状態からの戻しが強く、強烈なジャンプサーブやスパイクを可能にしてくれていると思います。

画像はありませんでしたが、きっと腹筋も鍛え抜かれているんでしょうね。

柳田将洋の前髪がちょっと…

柳田将洋
出典:http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/
柳田選手をインターネットで検索すると、「柳田将洋 前髪」と出てくるくらい柳田選手のヘアスタイルについて気になっている人が多いようです。

実は髪が薄いのでは…?という意見がありますが、スポーツをして汗をかくとどうしても前髪がまとまりますよね。

おでこの広い人はそれで髪が薄く見えてしまうようですが、汗をかいていない状態の柳田選手を見る限り、私はごく普通だと信じていますが…。

最後に

以上、全日本男子バレーボール界のプリンス、柳田将洋選手についてまとめてみました。柳田選手の美しく、華麗なサーブとスパイクを見られるが楽しみです。どんどん得点していってほしいですね!
NEXT4の活躍が楽しみです!
最後までお読み頂きありがとうございました。





Sponsored link

コメント0件6268

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top